平昌五輪フィギュア団体1日目終了時点 日本がロシアより上の理由

2018年8月22日

2018年2月9日に行われた平昌オリンピック団体初日。

男子SPとペアSPの2種目が行われ、日本は1位と8位、ロシア(※)は8位と1位。

※正確には、「ロシアからのオリンピック選手(Olympic Athletes from Russia)」。「OAR」と表記。

日本は順位ポイント数でロシアと同点でも、ロシアよりも上でした(日本は3位、ロシアは4位)。

なぜか?

(順位ポイント:フィギュア団体ルール

順位ポイント数合計が同じ場合

順位ポイントでは、日本もロシアも10+3で合計13ポイント。

順位ポイントの合計では同点。

次の要件、「上位2種目の順位合計ポイント合計」でも勿論同点。

そうなると、次の要件「上位2種目の得点合計」で比較されることになる。

この点、

日本は160.67

ロシアは155.28

ということになる。

内訳は、

日本

男子SP・宇野昌磨 103.25+須崎・木原ペア 57.42160.67

ロシア

男子SP・Mコリヤダ 74.36+タラソワ・モロゾフペア 80.92=155.28

 

今回に限らず、個人競技の方がペア競技よりも高得点になりやすいため、通常、個人競技の順位・得点がより重要になるようです。

平昌五輪エキシビション

エキシビション・TV放送

スポンサードリンク