羽生結弦、全日本選手権2017にエントリーも間に合わないかも

2018年8月22日

羽生結弦がNHK杯2017の直前・11月9日に痛めた右足のケガ。

伝えられているところによると、思っていた以上に回復が遅れているとのこと。

「2018平昌オリンピック日本代表選考会」を兼ねた全日本選手権2017(12/21~24)のエントリー選手30名の中に「羽生結弦」の名前はあるものの、出場回避の可能性も?

それでも五輪代表は間違いなし

羽生結弦が仮に全日本選手権に出場しなかったとしても、羽生結弦が平昌五輪の日本代表に選ばれることは確実。

男女とも、「全日本選手権1位」は無条件で日本代表になるというきまりはあっても、2位以降はお馴染みの「総合的判断で」ということになっている。

その判断材料の中に、「世界ランク」という要素も当然に入っていて、2017年12月現在「世界ランク1位」の羽生結弦が代表にならない理由はなく、羽生結弦が平昌五輪の日本代表に選出されるのは間違いない。

スポンサードリンク

スポンサードリンク