フィギュアスケート男子平昌五輪日本代表「3人目」は誰に?

2018年8月22日

ご存じの通り、

2018平昌五輪・フィギュアスケート男子シングルの日本代表には、

・宇野昌磨
・田中刑事
・羽生結弦

の3選手が選出されました。

2017年12月24日、全日本選手権表彰式の後に発表される平昌五輪日本代表選手(オリンピック代表選手発表時刻>>)。

男子は3人の枠があり(女子は2人)、うち、羽生結弦と宇野昌磨の2人は「問答無用」で決定的。

「3人目が誰になるか?」がもっぱらの焦点。

・・・とは言うものの、選考基準というものが存在しているので、一応それに照らして予想してみると・・・

1枠目・全日本選手権1位

まず、全日本選手権で1位になった選手が、文句なしで平昌五輪日本代表として選出されるルールになっている。

羽生結弦が全日本選手権欠場となった以上、誰が予想しても宇野昌磨が1位になると思われるところ。

2枠目

2枠目(2人目)は、

・全日本選手権2、3位
・GPファイナル出場者上位2人

を候補に「総合的に判断」することになっている。

GPファイナル出場者上位2人

当初、羽生結弦のGPファイナル出場は間違いなしと思われていたところ、NHK杯(=GPシリーズ日本大会)直前のアクシデントで出場ならず。

日本からは宇野昌磨1人の出場にとどまった。

3枠目

3枠目(3人目)は、

・2人目から漏れた選手
・世界ランク日本人上位3人
・シーズンランク日本人上位3人
・シーズンベストスコア日本人上位3人

を候補に「総合的に判断」することになっている。

2人目から漏れた選手

この規定が存在する意味がよく分かりません(笑)。

世界ランク日本人上位3人

2017年12月時点の「世界ランク」の日本人ランキングは以下の通り。

※「○位」とあるのは世界ランク

羽生結弦(日本) 1位
宇野昌磨(日本) 2位
田中刑事(日本) 18位
無良崇人(日本) 29位
友野一希(日本) 52位
村上大介(日本) 61位
須本光希(日本) 62位

というわけで、羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事が該当。

シーズンランク日本人上位3人

2017年12月時点の「シーズン世界ランク」の日本人ランキングは以下の通り。

※「○位」とあるのはシーズン世界ランク

宇野昌磨(日本) 4位
羽生結弦(日本) 24位
田中刑事(日本) 28位
須本光希(日本) 33位

というわけで、宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事が該当。

シーズンベストスコア日本人上位3人

2017年12月時点のシーズンベストスコア(Total Score)の日本人ランキングは以下の通り。

※「○位」とあるのはシーズンベストスコア(Total Score)世界ランク

宇野昌磨(日本) 1位 
羽生結弦(日本) 3位
田中刑事(日本) 20位
友野一希(日本) 32位
須本光希(日本) 51位
無良崇人(日本) 52位
村上大介(日本) 66位
佐藤洸琳(日本) 68位

というわけで、宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事が該当。

まとめ&3人目はズバリ…

以上から、羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事以外から全日本選手権1位(または、それに準ずる印象の選手)が出なければ、この3人が穏当ということになりそう。

つまり、「3人目」は田中刑事ということになるでしょう。

・世界ランク日本人上位3人(羽生、宇野、田中)
・シーズンランク日本人上位3人(宇野、羽生、田中)
・シーズンベストスコア日本人上位3人(宇野、羽生、田中)

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク