紀平梨花は2022オリンピック日本代表には選ばれない?

2022北京冬季オリンピック、フィギュアスケート女子シングルの日本代表メンバーに紀平梨花が選出されることはありえないのか?

2022北京オリンピック日本代表選手選考基準

選考基準の文言に照らす限り無理

参照:日本スケート連盟「2021-2022 シーズン フィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準」

全日本選手権出場は必須

原則、オリンピックはもとより、世界選手権や四大陸選手権の日本代表に選出されるためには、全日本選手権に出場することが「必須」とされている。

例外措置は?

問題は、「ただし書き」の部分。「過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が」…「大会時の状態を見通しつつ、選考することがある」とある。

紀平梨花はこれで救済される可能性があるのでは? と思った人もいるかもしれないが、紀平梨花の世界選手権での成績は、4位が最高(2019年)。なので「世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手」にあたらず、選考対象から外れると考えられる。

補欠での選出もなしか?

こうなると、せめて補欠でもいいから選出を…と願うファンもたくさんいるかもしれないが…

「補欠の選考はこれに限られない」の文言が…

世界選手権や四大陸選手権の場合、「最終選考会である全日本選手権大会への参加は必須である(補欠の選考はこれに限らない)」の文言が入っているが、オリンピック選考の場合、「最終選考会である全日本選手権大会への参加は必須である。 」とあるのみ。末尾に「補欠の選考は…」の文言が入っていない。

なので、紀平梨花がオリンピック日本代表に補欠としても選出される可能性はないと考えられる。

※以上、あくまで規定の文言に照らす限りの解釈です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク